(第41回)


特殊研磨加工1

プリズム
プリズムは、目的により様々な形状があります。
代表的なものは、レンズの話、第10回〜第12回に掲載してありますので参照してください。
まずは、直角プリズムを例に話を進めたいと思います。


直角プリズム
・構成
45°の稜を2つ持つ最も基本的なプリズムで、1面のみを反射面とする場合と2面を反射面とする
場合があり、光の偏向や像の回転に使われます。

・加工治具
プリズムの角度と同じV字に切ったアルミの治具をホットプレートで暖め、ワックスを塗り、
プリズムを接着します。同様に1つの治具に数個〜10数個貼り付け加工します。
研磨加工する面は1面だけではないので、プリズムの角度ごとにV字治具を用意します。
棒状で加工し、研磨後にカットする方法もあります。
レンズと違い丸ではないので、端面のだれが発生しやすくなります。しかし、一番気を使うのは
角度です。厳しいものでは、 数秒になります。
また、プリズムの種類によっては、平行度も重要な要素でなので、考慮しななければなりません。

次回は、検査と検査測定器を紹介します。


 更新6月中旬の予定です。
第1〜25回の話も読みたい方、ご質問等は
気軽にreception@sankyou-kogaku.co.jpまでご連絡をお願いします。
 第1回 歴史、光の反射
 第2回 光の屈折
 第3回 光のスペクトル、光の色、物体の色
 第4回 光の干渉、回折、偏光
 第5回 単レンズの概要
 第6回 顕微鏡の光学系
 第7回 望遠レンズ、テレコンバータ
 第8回 写真レンズ
 第9回 レーザ光学系
 第10〜12回 プリズム
 第13回 回折格子
 第14回 位相板
 第15〜16回 収差
 第17〜18回 各種単レンズ
 第19〜21回 反射鏡系
 第22回 分解能について
 第23回 ファイバースコープ
 第24回 縮小投影露光装置:ステッパ(逐次移動式露光方式)
 第25回 光ピックアップ
 第26回 レーザプリンタ
 第27回 液晶プロジェクター
 第28回 レーザー加工装置
 第29回 加工用レーザの種類と特徴
 第30回 赤外線光学系
 第31回 赤外線光学系
 第32回 荒摺り工程
 第33回 研削工程
 第34回 研磨工程

 第35回 洗浄工程
 第36回 芯取工程
 第37回 検査工程
 第38回 コート工程
 第39回 接合工程
 第40回 組立て工程