英語標準語秋田弁
お問い合わせ

SANKYO KOGAKU 三共光学工業株式会社

光学の基礎

ルーペ(虫メガネ)

ルーペは物体の拡大された像-虚像-を作り、これを肉眼で観察することになります。

簡単のためルーペを1枚の薄肉凸レンズとします。

物体PQをルーペの前側焦点Fのやや内側(レンズ側)に、光軸に垂直におくと、像は拡大されてレンズの前方にP'Q'となります。この像は虚像かつ正立像となります。

目はこの像をみて拡大されたと感じます。

目の位置をルーペの焦点位置に一致させた場合の倍率は、

     mo=250/f

となります。ここで250mmという距離は、古来よりあまり疲労せずによく見える距離ということで、明視距離とよばれます。

単レンズ
望遠鏡系

acccess アクセス