英語標準語秋田弁
お問い合わせ

SANKYO KOGAKU 三共光学工業株式会社

光学の基礎

光の干渉

いくつかの波が重なるとき、強め合ったり弱め合ったりすることがあります。 この現象を波の干渉といいます。

 

強め合うモデル

打ち消し合うモデル

※1 シャボン玉が美しく輝く現象は、薄い膜の上下の境界線で反射した光どうしが干渉する結果です。膨らますごとに色が変化していくのは、膜の厚さが変わるからです。

 

※2 ガラス面からの光の反射を少なくするためにガラス面に薄膜を着けます。これをコーティングレンズといいます。この膜によって、可視域のほぼ中央の黄緑色の光は干渉によって消えます。しかし、可視域両端の赤や紫は多少反射します。このため、カメラ等のコーティングレンズは青紫色に見えるのです。

 

※3 この薄膜を何層か着けて、より広範囲の光の反射を減少させることができます(一般にマルチコートといいます)。めがねの場合は、その反射色は緑色が多いです。膜の特性について下図に示します。

物体の色
回折