英語標準語秋田弁
お問い合わせ

SANKYO KOGAKU 三共光学工業株式会社

光学の基礎

ファイバースコープ

以前全反射の話をしましたが、その応用として胃の内壁などを見る 医療用ファイバースコープ(内視鏡)について説明します

ファイバースコープには画像用と照明用の光ファイバーの束が必要です。

画像を伝えるための光ファイバーには、像がはっきり見えること、また少し曲げても折れないように直径10~20μmの細いファイバーを使います。

たくさんのファイバーを順序正しく積み重ねて直径5~10mmの束にまとめ、束の両端を磨きます。

この束の端にレンズを使って文字の像を写すと、もう一方の束の端に同じ文字が現れます。

このとき、束の両端でファイバー相互の位置関係が狂っていては正しい像が得られません。一方、照明用のファイバーの束は光を送るだけのものですから規則正しく並べる必要はありません。

このように画像用のファイバーの束と照明用のファイバーの束を組み合わせたものがファイバースコープで、医学や工学の検査用として使われています。

分解能
縮小投影露光装置